スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこの家庭にもあるモノとは!?

帰国して早いもので一ヶ月ちょっとがあっという間に経ってしまった。
何をするにも効率的・合理的で何不自由なく生活できてしまう日本。
ブータンの非効率的な日常を思い出すと、すべてが時短で動いてるような錯角さえ覚える。
とはいっても2年も住めば都。時に、あの不自由だった生活がなつかしく、そして恋しく思えるもの。

未だに巡回先で知り合った体育の先生達から定期的に連絡をもらう。
その度に住み慣れたタシガンの町を、巡回先の田舎に住む温かな人々を思い出す。
みんな元気に過ごしているのだろうか…?
DSC00166.jpg

ところで、ブータンの家庭のどこにでもあるものって何でしょう?
屋根の上で大量に並べて乾燥している唐辛子、洗濯物と一緒に干される生肉などいろいろありますが…


私がブータンに行って一番最初に驚いたのがこれ↓
DSC09770.jpg

答えは「王様のポスター」。
王国であるブータンでの国内でのキングの人気は絶大!結婚後はクイーンとの2ショットのポスターも出回るように。だいたいどこの家庭の壁にも飾ってあり、なかには歴代キングのポスターなんかもある。もちろん、私もブータン人の友人にもらったポスターを壁に飾っていた。家庭だけではなく、学校にも職場にも街中にもいたるところで見かける。


そしてもう一つが、「祭壇」。
チベット仏教を信仰するブータン人は日本人と比べものにならないほど信仰に熱心。大学生の寮の小さな部屋にだってちゃんとバターランプを灯す祭壇のスペースを設けてある。たまに実家の仏壇に手を合わせることしかしない私からしたら感心する。ほら、学校にだってこの通り↓
DSC00168.jpg


帰国するときに近所に住んでたブータン人のおじさんにもらった偉いお坊さんの描かれたカレンダー。3部あって、一つは儒教を趣味で聞いたりする先生に、そして仏教系が好きだという親戚のおばさんに、一つはまだ私の手元にある。うーん…私の部屋にはまったく馴染まないなぁ^^;
スポンサーサイト

Comment

No title

 本当にどこでもありますよね!自分の部屋も前の住人が残していっています!だけどある意味こういう絶対的な象徴というのは精神的には大事なのかもしれませんね!自分も最近はロイヤルファミリーの写真が欲しいです。
 個人的に4thキングの一番若いアジが好みです!!!

> ironikaakanatさん

でたでたーアジトーク(笑)
もうアジの話はよしてくださいっ><

ロイヤルファミリーのほしいとかどっぷりブータン人ですね^^;
日本に帰ったら飾る場所に困りますよ~

No title

おかえりなさいませ!
歓迎会出席できず、また連絡遅くなりごめんなさい。
元気に帰ってこられたそうでなによりです。
でももうそろ、ソロとジョッダンが恋しくなってきた頃ではないでしょうか。

こちらは来週出発です。7か月ぶりですが、やっぱり出発前はわくわくします。
前回はタクシーでの移動でしたが、今回行きはバスです。
久しぶりのバス。気持ちが折れないか若干心配です。

あまり浮かれず、気をつけて行ってまいります。
みんな元気かなぁ。
では また。

>よしさん

おーついに来週ですか!雨季だしロードブロックが心配ですね><
しかもバスですかぁ。ドマ臭さのなかでの大音量のブータンソングに、アマから半分つぶされる感じ・・・非常に苦い思い出です(笑)

ゾンラップやDEOがよしさんがそろそろアロガロを日本に連れていくのでは?と噂してました^^そんな日が近々来ること、期待してますね♪

ソロは大量におみやげで買ってきたのでまだ懐かしくありません・・・なかなか減りもしませんが・・・

9月に北海道に2泊で遊びに行く予定です。お会いできたらいいなぁと思ってます^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。