スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも賑やかな私のリビング

年末に引っ越して今までより広い部屋になり、生徒だったり生徒のお母さんとその友達、

同じアパートの住人など常に誰かしら遊びに来る。

この日は生徒とその家族。けん玉したり、ヨーヨーしたりと夕方遅くまで遊んで帰っていった。
DSC02697.jpg

ババ抜きは生徒のお母さんも含め大盛り上がり!
DSC02708.jpg

お母さんはいつも来る時、畑でとれたての野菜を持ってきてくれる。

そして、「りか、暇なときは近所なんだからいつでも遊びにおいで」と言ってくれる。

このお母さん以外にも同じビルの上にあるレストランのウゲンのお母さん、1階上に住むアメリカ人のAlan、

温かな近所の人たちに支えられて、断水や停電こそあるものの安心で充実した生活が送れている。

さっきも、「ちょっと近くまで来たからお茶しによるね~」なんて気さくなお母さんが畑でとれたての大根と

葉野菜を持って妹さんと遊びに来た。その後ちょっとして、「フルーツサラダ作ったからリカにおすそ分け」と

料理上手のAlanがパパイヤとりんごのココナッツサラダを持ってきてくれた。
DSC02755.jpg

私もカレーやシチュー、ピザなんか作ったりする。この間、先輩隊員が遊びに来たときには一緒に

巻き寿司を作ったりもした。ブータン人には不評だったけど…日本食大好きのAlanは大興奮 笑
DSC02730.jpg

こうやって近所の人との距離が近く、昔の日本の田舎のような人付き合いができていることはとても幸せ。

この国が発展していっても、人との距離感や温かさはどうかそのままであってほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。