スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の危機

首都にいた数週間、毎日が断水でシャワーもろくに浴びれずご飯ももちろん作れず、
トイレを流す水だけを必死に確保するような大変な水不足だった。
それもあって自分の任地に予定より早めに帰ってきたのに、ここでもまたもや断水5日間。

今日、めずらしく朝からまともに水が使えている。
でも乾季の影響で雨がまったく降らずに、水源の水ももう渇々なんだとか…
この寒い中、シャワーにどうしても入りたくなってなけなしの溜め水を浴びて
ドライヤーで体を温めたりしてしのぐ。あと5ヶ月経てば大好きな温泉に心ゆくまで
浸かれることを想像しながら。洗濯の汚れ物もださないように必死。
体に悪いと分かっていても水を使わないために、主食がクッキーやスナックになっていく。

水の苦労に比べたら停電やネット・携帯の不通なんて本当にたいしたことないんだと思う。
人が生きていくために必要なのは真っ先に水なんだと痛感する。

これから冬休みも終わり、大学生達が一斉にこのまちに戻ってくる。
ここに住む全員のための水がいったいいつまでもつのだろうか?
生活のためにも雨季が心から待ち遠しい。雨が降ると体育は教えにくくなってしまうけど…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。