スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならブータン、ただいま日本

6月18日11時。ブータンと涙の別れ。
P1020481.jpg


この2年間でこんなにもこの国もこの国の人たちも好きになっていたなんて…
自分でもびっくりするほど、ブータン人に間違えられるほど、いつのまにか馴染んでいた。

さよならブータン。
また数年後、なつかしく想う頃にひょっこり遊びに来たいものだ。
DSC05723.jpg


そして6月19日、早朝6時10分。1年半ぶりの日本。
DSC05725.jpg


最初は帰国した実感がなくて、なぜかブータンに戻らないといけない気がしていたのに、やっぱ私も日本人。すっかり生活にも食事にも慣れてしまった。今ではブータンに居た2年間が夢のように感じてしまうほど。

帰国して一番に食べたものはもちろん言うまでもなく、築地のお寿司!!
ブータンは山国なので生魚なんて絶対に食べられない。久しぶりの生魚に胃腸がびっくりしたのか、キュルキュルと音をたててしばらく腹痛に襲われた…東京で各国から帰国した同期と2年ぶりの居酒屋で食べた食べ物はすべてが美味しくて、お酒もアラ以外が飲める感動でついつい飲みすぎてしまうほど。豆腐のおいしさ一つにも感動する日々をいまだに送っている。

帰国して今日で10日が経った。今は実家でゆっくり、まったり。
どこを歩いてもフラットで、標高なんて70m。一気に1700mちょっとも下がったとこでの生活がスタート。実家に着いた次の日、普通のスニーカーで妹と10キロ走ってみるが軽く走れるようになっている。これはブータンでの高地トレーニングの賜物か!?嬉しくなって、即、ランニングシューズを購入。また、ブータンでは見ることのできなかった沈んでゆく夕日のきれいさにしみじみと走りながら感動した。


雲の上に住んでるようなあの神秘的なブータンの景色もそのうち懐かしいものになってしまうんだろうか…?
DSC05545.jpg


ルンタというお経の書いてある旗。ルンタが風にひらひらと揺れる度、お経を一回読んだのと同じご利益があるという。怠け者なブータン人をよく表してるものの一つだと思う。私も2年でこの良い意味でいい加減な感覚が心地良さに変わってしまった。
DSC05614.jpg




私がこの国から学んだことはなんだろう?
自分では気づけてない事も含めいろいろあるんだろうけど、一番はこの言葉。


『 足るを知る者は富む 』
満足することを知っている者は、たとえ貧しくとも精神的には豊かで、幸福であるということ。


ブータン人が世界一幸せな国と言われるのは、きっとこのことをあたりまえのようにできているから。
2年間の暮らしの中で、私は生活は貧しくとも心の豊かな現地の人々にたくさん出逢った。彼らは身の回りの家族、友人、親戚、そして見ず知らずの外国人の私にもとても親切に接してくれた。言葉では説明できないような、目には見えないけれども心にじんわり響く豊かさを彼らはもってると感じた。日本社会に復帰したら、以前のように仕事が忙しくて余裕をまたなくしてしまうかもしれない。でも、そんなときはきっとブータンで学んだ本当の心の豊かさを思い出すだろう。



ガディンチェ(ありがと)ブータン!
タシデレ~ブータン!!
また、いつか戻る日まで・・・




※ずっと更新できてなかった溜めてたものを近々、少しずつ更新できればと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。