スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆ホームステイ

日曜の夜から2日間、ブータン人の4人が家にホームステイにやってきた。
ちょうど1年前の赴任時の研修中、ブータンの生活を知るため、パロで
一週間のホームステイがあったが、今回家に来たのがその時のホストファーザーだった
ペマさんとその娘と姪っ子、そしてドライバーの4人。
私の近所の大学に娘たちが入学するらしく、その準備のために来たのだという。

最初来るのは2人って聞いてて、突然4人に増えたので夜ご飯の用意もままならず…
1年ぶりに会ったペマさんは変わりなく優しく、私が寮の近くに住んでくれていてラッキーだと言った。
そして私に娘達の生活費の大金を預けるから金庫係をしてほしいと頼んできた。
なぜ私が!?もちろんそんな危険なこと断ったけど…銀行に預けるようすすめといた。

しかし、ホームステイ2日目、自分以外はピュアベジタリアンだからせっかく用意した出し巻き卵も
食べないんだよって言われた…ピュアベジタリアン!?なんですかそれ??
聞いてみると、卵・肉・魚をいっさい食べないんだそう。(ひどいと牛乳やチーズもだめとか)
ベジタリアンの気持ちも分からない私にはその上を行くピュアベジタリアンの気持ちなんて
分かるわけがない。娘さんは宗教的に殺生反対の立場からそんなふうになったんだって…
なんか野菜のみのブータン料理ばかり食べてた反動なのか、今は無性に焼肉とか焼き鳥とか恋しいっ!

でもペマさん、2日目には私の仲良しご近所のアレンとケイザンとすっかり仲良くなっていて、
最後にりかは本当に良い人たちに恵まれたねって言われて嬉しかった。私も心からそう思ってる。


ちょうど1年前、ダニとノミにやられ大変な思いをしたホームステイがちょっと懐かしい。
来年、日本から友達が遊びに来たときに久しぶりにペマさん家に泊まる予定。
虫がちょっとおそろしいけど楽しみだ!


ペマさん、パロからおいしいお米のおみやげどうもありがと!
DSC04169.jpg
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。