スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼さんの世界

金曜から2泊、友人ケイザンの村に遊びに行ってきた。
そこで宿泊でお世話になったのがお寺。

お寺と言ってもただのお寺ではなく、そこにいる全ての僧侶は尼。
そう、女性の僧侶だけ!!!

こんなお寺があることすら知らなかったのに、そのお寺にあるゲストハウスで2晩過ごした。
そのお寺には100人ほどの尼さんが共同生活をしていた。

笑顔が素敵な尼さんたち。
みんなあたりまえだけど、潔い坊主!結構近くで見ると衝撃というか迫力があった…
DSC04906.jpg

朝ごはんの時間。この日は祝日だったので尼さんたちもお休みの日。みんなで自炊していた。
DSC04905.jpg

修道院のなかにはショップもあって、もちろん店番も尼さん。
DSC04912.jpg

最後に仲良くなった尼のリーダー、テンパさんと。
たくさんのシャショップを教えてもらった…というか私がシャショップちょっとしゃべれるのを知ったら
英語で話してくれなくなった。
おかげで、シャショップの語彙が増える、増える!頭痛くなったほど!!
DSC05003.jpg


残念ながら彼女達の部屋は立ち入り禁止といろんな厳しい規則があったが、
たぶん今後の人生でこれだけの尼さんと出会うことはないんだと思う。
きっと私は一生分の尼さんに会ったにちがいない。

お寺に缶詰で勉強し、恋愛も結婚も禁じられ、その中でも楽しそうに集団生活をしている尼さん。
もちろん親の言いつけもあるだろうが、どういう経緯、覚悟で尼さんになったんだろう?


自分の中でまた一つ、新しい世界が広がった。
スポンサーサイト

Comment

No title

 まさかとは思っていたけど尼さんがいらっしゃるんですね!しかも頭も丸めてらっしゃる!祖母のお姉さんがもう亡くなったけど尼さんでした。満州で結婚して離婚してどうにか日本へ帰ってきてみんなが気がついた時には尼さんになっていたそうです。宗教にたづさわるというのはいろんな欲を断ち切らんといけんのでしょうね。だけど俗人では体感できない何かがあるのかも知れませんね。そうそう伊万里にはトラピスト修道院といって俗世界と一線を画す修道院もあります!!限りなく自給自足に近い生活をなさっているとか・・・人に歴史ありでどういう経緯でなられたか知りたいところでもありますよね!

>akinoriさん

伊万里にそんなところがあるんですね~初めて知りました!
自分とは全く違う世界を見て刺激を受けることたくさんありますよ~タシガン^^
発展している西ブータンとは違う面白みをきっと見つけられると思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。